Torio!!

小説家を目指す管理人 落雁 トルテ のブログ Torioとは三重奏の事です。 1人目が管理人 2人目がリンクさせてもらってる方 3人目が当ブログを読んで下さっている方です!! 涙を越えてこその価値がある。

スポンサーサイト

Posted by 落雁 トルテ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説載せますね!!

Posted by 落雁 トルテ on   1 comments   0 trackback

今日も部活だったよー シュフォンです♫ 文化部だけど疲れるなー・・・ あぁ 部活嫌いだ(^^;;楽しくないし。
さて 今日は小説を載せたいと思います。イラストも載せようとしたけど載せ方わかんねえww 誰か教えて下さい・・・。
小説はポケモンのオリジナル作品です♫
サブウェイマスターの2人がチャレンジャー(オリキャラ)と出会うまで を第一段階で予定しています。
オリジナル要素満載なので苦手な方は逃げるのなら今の内ですよ^^ それでもOK!という方はどうぞ


待っていても
どうせ来る事なんてなかった。期待したって誰も・・・

君と出会って
No.1.
向こう側から聞こえていた激しい音は急に聞こえなくなった。
変わりに聞こえるのは終了を告げるアナウンス。また手前で終わった。大体こっちが強すぎるのか 向こうが弱すぎるのかがこんな事では分からない。
「一体 いつになったらここに強いチャレンジャーは来るのでしょうか・・・」
私はそう言いながら帽子を深くかぶり直した。
ライモンシティーにあるバトルサブウェイ。私はそこのサブウェイマスターをしている。名前はノボリだ
何回この名前を名乗る度にクスクス笑われた事だろうか。
鉄道用語だからって何が悪い
・・・グチっている暇は無いことぐらいは分かっているがさすがにこの状況でグチらない訳にはいかない。
私の怒りはMAXに達しそうだった。
ずっと待っていても来ることが少ないチャレンジャー。21連勝なんて無理が過ぎる事では無いはずだ
シングルトレインの私がこの状況。 ダブルのクダリは全く来ないのだろう。
あのような弟でもさすがに心配だ。
少しくらいいいだろうと思いシングルトレインを降りた。
私は後になってこの事を後悔する事になろうとは思ってもいなかった。

「クダリ。誰か来ましたか?」
私はダブルトレインから降りたクダリに声をかける。
するとクダリは驚いたように
「ノボリ。シングル外れたらもったいないよ?」
と 言った。
一体何の事だろうか。 チャレンジャーなんて1日に1人来るか来ないかなのに。
「何の事ですか クダリ」
「だから、」
クダリはニコニコしながら私に衝撃的な言葉を述べる。
「さっきダブルで僕に勝った女のコが次は?シングルの17両目から!!?って言ってたから」
それを聞いて驚いた。
私はクダリに問いかける
「どの位前ですか!!」
クダリはいたって普通に
「20分前だけどあのコなら10分でノボリの所いくと思うよ!!」
私は直ぐさま回れ右をして走り出す。
「銀色の髪で前髪ぱっつん、服は黒と白で統一されてたよ!」
クダリの声。
だが私はその声をあまり憶えていない。

続く*
スポンサーサイト

Comment

りんご says... "No title"
やっほーーー^^
りんごだよ!!!
小説は・・・・・
ポケモンあんま詳しくないからわかんないや;;
でも、こういうの好きな人もいっぱいいると思うから
更新がんばってね!!!
必ず、見てくれる人はみつかるよi-234
2011.03.30 17:56 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://siroikyanpasu.blog60.fc2.com/tb.php/9-8b3aa506
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。